シェアする

マスターの教え

マスターの教え

思い通りに生きていくためにはこの一冊があればOK

「マスターの教え」にはこれから先、自分が思い通りに生きていくための方法が書かれた一冊です。

哲学の本は無数にありますが、「マスターの教え」の一番の特徴は、問題解決の方法がたった一つだということです。

本書が1929年に発表され、85年間で12万部の売れ行きで、成功を後押ししている通り、いつの時代も悩みの種は変わりません。

生き方に疑問を感じ、「マスターの教え」へと興味を持った今が、まさに本書の開き時だと言えるでしょう。

マスターとは、作者のことではありません

この本は失敗続きで悩んでいる起業家が「マスター」との出会いによって、人生の気付きを得、運命を切り開いていく物語です。

書写であるジョン・マクドナルドではなく、物語の中の「マスター」の言葉へと耳を傾けることで、新たな発見を多く見つけることができるでしょう。

「マスターの教え」を読み進めていくと、これまで当たり前に過ごしてきた生活習慣を変えるだけで、なりたい自分になることができます。

これは、起業を考える人間だけでなく、会社で成功したい人間、プライベートを充実させたい人間、ダイエットに成功したい人間、人間関係を円滑にしたい人など、様々な場面で役に立つ考え方ですので、哲学や成功に興味がなかったとしても、是非一読していただきたい一冊です。

平坦だった日常が、心のスイッチを切り替えることで、輝いたものとなっていくでしょう。

読み解くたびに新しい発見がまっている不思議な本

「マスターの教え」を読んだ感想を尋ねてみると、人によって感じ方が様々であるという面白い特徴があります。

物語の中の琴線に触れる部分が変わることで、受け止め方が変わるのです。

最終的には前向きに、思うままに歩いていくことができるという点は変わりませんが、その人の抱える問題によって、柔軟に寄り添ってくれるという点は、本書の素晴らしい点だと言えるでしょう。

「マスターの教え」を手に入れたなら、是非周囲と感想を共有してみてください。

また、「マスターの教え」は開くたびに違う顔を見せてくれます。
同じ自分であっても、最初は意味の分からなかった部分があとからすっきりと解けたり、その時の心境によって、胸に刺さる部分が変わったりします。

こういった部分を楽しみながら、何度でもページをめくってみましょう。
読むたびに新しい気付きを見つけ。心が豊かになっていくはずです。

読書が苦手な人でも簡単に読み進められます

「マスターの教え」は日ごろ読書経験がなく、活字が苦手、という人であっても簡単に読破することができます。

文字が大きく、150ページほど終わりますので、読書に慣れている人でしたら1時間もあれば十分でしょう。

本を読むんだ!と気負うことなく、カバンに入れておいてちょっとした待ち時間などの合間に開くだけで、マスターの世界へと入っていくことができますから、哲学書の入門としてもおすすめです。

早く内容を理解するためには、無垢な状態で、素直にマスターの教えへと耳を傾けると良いでしょう。

今自分にとって何が必要で、何が大切なのかが必ず見えてくる一冊です。

静かに自分だけの明日を歩き出しましょう

「マスターの教え」の中にはこれまでに考えもしなかった言葉が多くあるでしょう。

成功を目指すものにとって、上を目指すことは人として当たり前のことであるという言葉に背中を押されたり、自分を高めるための具体的な方法の数々であったりが、着実に心力をつけていくことができます。

また、マスターは理想を心に掲げるよう述べています。

夢は口にすることで叶えられると教えられがちですが、心の中で静かに炎を燃やすことでゴールが近づくという考えなど、今まで自分はこうした方が良いと思っていたにもかかわらず、世間の風潮に流されていたような部分が、マスターによって安心に変えられていくでしょう。

目次だけで、すぐに開きたくなる「マスターの教え」

ここで、「マスターの教え」の目次の一部を紹介しましょう。

目次を読んだだけで、内容が気になり、本を開きたくなる言葉の数々は、その内容の深さと同じだといっても過言ではありません。

・素直な気持ちで受け止めてください
・人間の本質は「心」です
・明確な目標を持ちなさい
・心に栄養を補給しましょう
・その目標は必ず達成できます

どうでしょうか?
第2部の全10章のうちから5つを抜粋してみました。

この目次に目を通すと、マスターの言葉へ素直に耳を傾け、自分の心を大切にする。
そして、目標を正しくしっかりと持ち、心が疲弊しないよう栄養を補給します。
そうすることで、目標が必ず達成できるのです。

このように、「マスターの教え」には、今からどうしたら良いのかの方法が具体的に書かれています。

この先進むべき道に迷っている人や、自分の考えがあっているのか確かめたい人など、あらゆる場面で役に立つ「マスターの教え」は必ず本棚に置いておきたい一冊です。

なお、「マスターの教え」を実践してマスターしたい場合は、下記、無料プレゼント中の書籍をご覧ください。

著者プロフィール

はらいかわてつや
「週4時間ライフ」エヴァンジェリスト

読書、弓矢、映画、旅行が好きで嫁が妊娠中の35歳。グループ3社経営。年に数億円レベルの、日本ではどこにでもいるような普通のお金持ちです。

しかし、「週4時間しか働かなかったとしても・・」という点が特徴です。詳しいプロフィールは長くなるので興味がある場合はこちらのページをご覧ください。→プロフィール

強い男、最高の夫、最高の父親、家族のヒーローを育成してます。