シェアする

死ぬくらいなら会社辞めれば

つい先日も過労死の事件が話題になった。

というわけで、話題になっていたこの本を

買ってみたんだけど、最初の1ページ目から

昔、友人が言ってた言葉ソックリでビックリした。
その友人というのは、小学校の先生をやっていて、

多くの人が知っている通り、ブラックな労働環境な

わけですよ。

時計が一周しても帰れない的な。
で、その友人はこの本のタイトル通りに

仕事を辞めるのを決意して、

わずか一年ほどで月に1000万円を

売り上げる会社を作ってしまったのだから

なんだか感慨深いな〜と。

人間、身を置く場所を変えるだけで

能力が開花され、価値が発揮される事が

よくある。
あなたも、今いる場所で適正な価値があると

判断されてないと感じてるなら、

自分が居るべき場所を再考してみてはいかがだろう?

著者プロフィール

はらいかわてつや
「週4時間ライフ」エヴァンジェリスト

読書、弓矢、映画、旅行が好きで嫁が妊娠中の35歳。グループ3社経営。年に数億円レベルの、日本ではどこにでもいるような普通のお金持ちです。

しかし、「週4時間しか働かなかったとしても・・」という点が特徴です。詳しいプロフィールは長くなるので興味がある場合はこちらのページをご覧ください。→プロフィール

強い男、最高の夫、最高の父親、家族のヒーローを育成してます。